ニュース

2021.09.23UNI Apro印刷パッケージング部会大会に出席

 2021年9月14日(火)19時より、第5回UNI Apro印刷・パッケージング部会大会がオンライン開催され、9か国14加盟組織より34人と、来賓・スタッフ19人が出席し、印刷労連からは宍戸委員長、大窄書記長、古賀副書記長が出席しました。
 大会は、2017~2021年度の活動報告、2021~2025年度の行動計画、UNI Apro共同声明を採択すると共に、2021~2025年度UNI Apro印刷・パッケージング部会委員会委員及び役員を選出しました。議長にはロレイン・キャシン氏(オーストラリア)が再選され、副議長には、日本・東アジア、東南アジア、南アジアからそれぞれ代表が選出され、印刷労連より宍戸委員長が日本、東アジア代表の副議長に選出されました。
 また、「 デジタル化及びCOVID-19等の課題に対する革新的な対応」のセッションにて、宍戸委員長より発言をし、「産別労組として、働く立場から意見提起を行い、産業政策等について労使間での共有を目指しつつ、雇用の維持と創出、賃金・労働条件の維持向上に全力を挙げていく」と訴えました。

第28回定期大会開催

 
 2021年9月3日(金)13:00より「第28回定期大会」を開催しました。今大会はコロナ禍での開催のため、オンラインなども活用し、拠点を分散しての運用を採用しました。メイン会場を東京グランドホテルに設置し、埼玉、石川、愛知、京都、大阪に設置した会場および全国各拠点とWebで繋ぎ、2021年度運動方針などの提案に対し、満場の確認を経て定期大会は無事終了しました。

2021.06.24連合との総対話活動パート2開催

 
 2020年6月18日(金)第6回中央執行委員会終了後、連合との総対話活動パート2が開催されました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、この間2回も延期となっていた総対話活動ですが、最終的には対面での総対話は残念ながら叶わず、Web(Zoom)を活用しての実施となりました。連合本部からは、コロナ禍における雇用問題、さらに今後におけるwithコロナ・afterコロナ時代をどのようなカタチで進めていくべきか、課題も山積する中で一つずつ解決に向けて取り組んでいくと報告がありました。そして、印刷労連からは産業政策の実現に向け、中小政策、雇用政策、働く空間について現状の課題を提起しました。以前から存在する雇用問題に加え、コロナ禍で浮き彫りになった新たな課題とその解決に向けた幅広い議論の場となりました。

2020年度第6回中央執行委員会(拡大)開催

 

 2021年6月18日(金)に東京・友愛会館を会場に全国の中央執行委員とWebでつなぎ、第6回中央執行委員会を開催しました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今年度の中央執行委員会はすべてがWeb併用での開催となりました。今回は会場12名、Web14名にて実施され、活動報告および2021春季生活闘争中間まとめ(案)等について協議されました。この1年間は皆で顔を合わせることが叶いませんでしたが、引き続き、工夫をしながら意思疎通を図るべく取り組みを進めてまいります。

2021.02.242020年度地方協議会議長会議開催

 2021年1月16日(土)2020年度地方協議会議長会議が開催されました。コロナ禍により2020年度は全国11地方協議会の議長・事務局長と本部をWebでつなぎ、年間活動計画の進捗状況、コロナ禍における運営課題等の情報共有と意見交換を実施しました。地方協議会の好事例等も共有し、後半期の各地方協議会の活動へとつながる活発な議論の場となりました。