ニュース

2019.05.15連合第90回メーデー中央大会


 4月27日(土)東京・代々木公園において、連合第90回メーデー中央大会が開催され、総勢37,000人が集結、印刷労連からは151名が参加しました。式典では、はじめに神津連合会長より主催者挨拶があり、「90回の節目を迎えた。さまざまな難題を抱えているが、団結の力でどのような状況も乗り越えられる。」と呼びかけられました。来賓では、政府を代表して根本厚生労働大臣、東京都から小池知事よりご挨拶をいただきました。次に、私の訴えとして在日ビルマ市民労働組合のミンスイ会長が外国人の立場からの訴え、さらに昨年の豪雨で被災された岡山県の守屋さんより、被災地からのアピールがありました。最後に、メーデー宣言(案)の提案、満場の拍手で採択され、閉会となりました。
 例年好評の関東南部地協青年委員会による模擬店「味噌ダレ!!ホルモン焼きそば」は長蛇の列ができ、あっという間に完売御礼となりました。売上金全額は北海道胆振東部自信被災地への義捐金とします。

2019.03.132018年度第1回西日本ブロック会議報告


 2019年2月9日(土)TKP熊本カンファレンスセンターで2018年度第1回西日本ブロック会議を開催し、本部から宍戸中央書記長にご出席いただきました。西日本ブロック会議には青年メンバーも含めて福岡地協から6名、熊本地協から10名の総勢17名が参加いたしました。
冒頭、宍戸中央書記長より挨拶を賜り、書記長より「2019春闘要求ポイント」について説明をいただきました。また、各構成組織の春闘方針について報告を行いました。さらに各地方協議会における諸課題について共有を行い、貴重な意見交換の場となりました。「躍進の集い」では各構成組織を横断して様々な意見交換を行い、前段の会議を含めて大変有意義な一日となりました。

2019.03.12連合2019春季生活闘争 3.8国際女性デー全国統一行動 中央集会


 2019年3月8日(金)東京・よみうりホールにおいて、連合3.8国際女性デー全国統一行動 中央集会が開催され、全国より総勢830名が参加し、印刷労連からは女性6名で参加しました。「職場のハラスメントをなくして、男女平等を実現しよう」をテーマに、特別提起として「男女平等課題に関する国内外の動向について」、基調提起では、「連合2019春季生活闘争における男女平等課題の取り組みについて」報告があり、構成組織・地方連合会からは好事例発表がありました。女性が参政権を得て70年、徐々に法整備が進んでいるものの、ハラスメント防止対策については未だ充分でないのが現状であり、今後もあらゆる暴力とハラスメントの根絶に向けて、さらに男女平等、均等待遇の実現に向けて取り組みを進めて参ります。
 

2019春季生活闘争 政策・制度 要求実現3.4中央集会

 
 2019年3月4日(月)東京・文京シビックホールにて、連合2019春季生活闘争 政策・制度 要求実現3.4中央集会が開催され、1,554人が集結。印刷労連からは24名が参加しました。冒頭、連合会長の神津中央闘争委員長より、「2019春季生活闘争も最初のヤマ場を迎えた。現時点の要求状況は要求のすそ野が広がっていること、中小組合の賃上げ要求が大手を上回っていること、『上げ幅』だけでなく『賃金水準』にこだわった要求が行われていることなど、元気の出る内容である」と訴えられました。次に5つの部門別共闘連絡会議の代表者からもそれぞれ決意表明がありました。さらに、連合の重点政策実現に向けた決意表明、アピール案提起があり確認され、最後は連合事務局長の相原闘争事務局長のがんばろう三唱で締めくくられました。2019春季生活闘争は最初のヤマ場を迎えるが、すべての働く者の「底上げ・底支え」「格差是正」の実現を目指し、最後の最後まで闘いぬくことを誓いました。

2019.02.06連合2019春季生活闘争・闘争開始宣言2.4中央総決起集会



 2019年2月4日(月)東京・よみうりホールにて、連合2019春季生活闘争・闘争開始宣言2.4中央総決起集会が開催され、1,070名が集結、印刷労連からは8名が参加しました。冒頭、連合会長である神津中央闘争委員長より「2019春闘はこれまで成果を上げてきた賃上げをはじめとする処遇改善の熱を、いかに社会全体へ拡げていくのかが問われる闘争である」と訴えられ、「上げ幅のみならず『水準』にこだわった取り組みを。働き方も含めた『取引の適正化』は、その必要性について経営者団体や行政と連携し社会全体に訴えていく」と決意を表明しました。また、労働条件、雇用法制、中小労働各委員長からも今闘争へ向けての力強い決意表明がありました。続いて闘争開始宣言を確認し、最後に相原康伸中央闘争事務局長によるがんばろう三唱を行い、今春闘を最後まで粘り強く闘い抜くことをあらためて決意しました。